木造在来工法で建てる注文住宅では、平家建てと二階建てのどちらかにするのが一般的ですが、延床面積が同じであれば色々な部分で違いが出てきます。延床面積が同じ前提であれば、平家建ての方が土地の面積を広く使うことになりますが、総二階建てであればその半分の大きさで建てることが可能です。同じ土地に新築する場合には、総二階建ての建物の方が土地の有効利用が可能となります。モータリゼーションの発達によりマイカーの所有率が高くなっているため、駐車スペースを確保することは深刻な問題になっています。

土地の面積が確保できれば有効利用が可能ですから、注文住宅の良さだけではなくガーデニングなどを楽しむことが可能です。延床面積が同じであれば、平屋建ての方が基礎の面積が大きくなりますし、同じように屋根の面積が大きくなります。屋根の面積が大きくなると小屋組に使用する木材量が増えますので、工事価格が割高になってしまいます。平家建てか総二階建てかによって工事価格も変わってしまうため、階層の違いでは色々な部分に影響が出てきます。

建築費用を安く抑え土地を効率よく使用するには総二階建てが有利ですが、二階建てでは移動が困難となる高齢者がいる場合には平家建てにメリットが多いと言えます。注文住宅は住む人の状態や環境に合わせて設計するのが基本ですが、家族構成や年齢もプランを決める際に重要なポイントになります。平家建ての方が和風住宅にあっていますが、総二階建てでは洋風があっていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です