公的な機関では注文住宅の寿命について統計を元にしたデーターを公開していますが、木造で30年程度、鉄筋コンクリート造では40年程度とされています。しかし寿命を算出している方法が現状とは異なる場合が多く、一般的には取り壊された際の築年数が使われている現状があります。木造住宅でも以前の金融公庫基準で建築すれば48年程度寿命が設定されていますし、実際にはさらに長く現存する木造住宅もあります。寿命を算出する方法が異なりますが、同じように鉄筋コンクリート造でも60年から100年程度の寿命があるとされています。

実際には40年程度経過すると入居者が集まらなくなるため、現在では十分な寿命を残して解体され新築されているのが現状です。注文住宅でも築年数には勝てませんので、古くなって需要が下がれば取り壊されているのです。このような状態をスクラップアンドビルドという言葉で表しますが、現在ではこの考え方を改めて寿命まで使うという考え方が広まっています。マンションでは一般的になりつつあるリノベーションもこのような考え方から行われているものですが、環境への配慮も同時にできるメリットがあります。

注文住宅は住む人の環境にあわせて設計しますが、十分な寿命を残して解体しようとは誰も思わないのが普通です。長く住めば住むほど経済性は向上しますので、寿命を全うできるようにすることが大切です。木造住宅であればメンテナンスを行うことで寿命を延ばすことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です