ワンルームマンションや賃貸アパートのオーナーになったら、まず考えなければいけないのが空室をできる限り抑えるということです。そのためには、魅力的な部屋にするためのリフォームも場合によっては必要ですし、共用部分の掃除が行き届いている、玄関ポーチが雑然としていない、ゴミ収集場がきれい等、管理状態を良く保つことも重要です。また、特定の顧客にアピールするのであれば、「女性限定」や「ペットOK」にする方法もあります。また、すでに入居者が入っている場合でも年度が変わるタイミングでは賃貸契約を終了して退去する人が重なることが多いです。

不動産業者に依頼して入居者の募集をすることになりますが、どの賃貸アパートも同じ状況になっている可能性があるので、入居者の獲得競争が激しくなります。そんな場合に備えて、入居者とのコミュニケ―ションを日頃からよくとっておいて退去の時期を早めに知ることによって、早めに募集に入るようにすると新しい入居者の確保に有利になるでしょう。また、長期間空室が続いてしまう場合は、価格設定に問題があるかもしれません。同じ最寄駅の物件の家賃相場を自分なりに再度確認した上で、不動産会社と相談し家賃を下げる必要があれば思い切って実行することも大事な場合があります。

しかし、安易な値下げは長期的なダメージになる可能性があるので、あくまで相場より高い家賃設定で空室になってる場合に限って値下げすべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です