マイホームを購入しようか、貸家で暮らし続けるかということは昔から現在まで多くの方を悩ませてきました。そんななか現代では住まいを選ぶ際に多くの方が賃貸住宅に注目しています。その理由の最大のものは初期費用の安さです。マイホーム購入の場合にはローンを組みますが、全ての費用をローンでまかなうことはできません。

少なくとも諸経費や税金類、そして2割程度の頭金などを考えても何百万円から1千万円単位の費用がかかってきてしまいます。一方賃貸住宅が入居の際にかかる費用の主なものは、1ヶ月分の家賃に敷金、礼金、さらに引越しの費用程度です。マイホーム購入と比べてもかなりの格安で入居することができるのがわかります。敷金、礼金はそれぞれ家賃1ヶ月分から2ヶ月分が相場ですが、さらに最近ではこの敷金、礼金もかからずに入居できる物件もあり、さらに入居時の初期費用を抑えることができます。

このように賃貸物件は入居の際にかかる費用が大変少ないことから気軽に住まいを変えて気分転換したい方や、転勤が多い方などにも最適なライフスタイルといえます。これから結婚や出産など人生が大きく変わっていく方も柔軟に住まいを対応させることが出来るように賃貸物件を選ばれています。家族の形やライフスタイルに合わせて柔軟に住まいを変えていけるというフレキシブルな部分が賃貸住宅の大きな魅力と言えるでしょう。そのため、多くの方がこの形態の住まいを選んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です