時代の変化と共に住居への価値観も変わり持ち家に拘る人は減り、逆に賃貸住宅を利用する人は増えました、特に単身者や通勤通学の関係で賃貸住宅を利用する人は多いものです。その際の賃貸住宅を選ぶ基準といえば交通の便の良さだったり、見晴らしの良さや新築物件であったり、ご近所が閑静であることなど実に様々です。良い物件が見つかったら必ず室内をチェックするものですが、意外と隣との仕切りとなる戸境壁(こざかいかべ)のチェックは甘くなりがちです。どんなに部屋が機能的に作られていても、隣の音が漏れてきたり、逆にこちらからの音が筒抜けになってしまってはゆっくりとくつろぐことも難しいものです、次第にそういった部屋に住むのが憂鬱となるでしょう。

目的の物件が鉄骨鉄筋コンクリート造で、戸境壁もコンクリートでその上にクロスを貼ったようなものだと遮音性も期待できますが、軽量鉄骨の場合だと木造アパートの壁と大差ありません、何かがぶつかった時の音はもちろん、耳を当てれば隣の部屋の会話がボソボソと聞こえるというレベルさえあります。壁を叩いて防音性能を確かめようとする人もいますが、コンクリート壁でもGL工法などでクロスと壁との間に空間があるような部分を叩くと軽い音しかしないのであまりあてにはなりません、そのGL工法も太鼓現象により音が増幅され音漏れが酷くなるという問題があります。入居してからでは遅いので、入居前に必ず壁の構造はどういったものなのかを質問することが大切です、「鉄骨ですから大丈夫です」と言われたとしても鉄骨鉄筋コンクリート造であるかは別です、戸境壁については先に書いた通り軽量鉄骨やGL工法の場合もありますからしっかりと確認した上で入居の判断をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です